JP

検索

ゴルゴンゾーラDop保護協会 新役員就任

ニュース

23 6月 2020

1일본어

49 見解

ゴルゴンゾーラDop保護協会 新役員就任

去る2020年6月16日(火)、協会ではゴルゴンゾーラDop保護を目的とした役員改正が行われ、会長および副会長を含む新役員の就任にあたり取締役員が一堂に会した。

12年間もの長きにわたり取締役会の先頭に立った前任のレナート・インヴェルニッツィ氏を引き継ぎ、アントニオ・アウリッキオ氏が会長に任命された。

「ゴルゴンゾーラ保護協会会長という重要な職務を任され、大変光栄です。ゴルゴンゾーラはイタリアだけではなく世界中で愛されている現代的な製品です。協会メンバー全員の意欲と愛情を持って、我々生産者は常に成長し、ゴルゴンゾーラを今日のものとならしめたその歴史に傷をつけるようとする偽物から、イタリアのすばらしいDop製品を保護する者となるよう努めます。」

取締役員

副会長 ファビオ・レオナルディ

副会長 アルベルト・ダッラスタ

アッリゴーニ・マルコ、バルッファルディ・マリア・テレザ、バッシ・ニコレッタ、デフェンディ・マンリーコ、フィレッポ・ゾップ・ダヴィデ、ジェルミーニ・キアーラ、インヴェルニッツィ・レナート、メルロ・ニコレッタ、オイオーリ・ロベルト、ポレッティ・セルジョ、ポルタ・マヌエル、ロッシーノ・フィオレンツォ、ジリオッティ・ステファノ

取締役員・組合員・従業員は、レナート・インヴェルニッツィ会長の12年間にわたる献身と成果へ感謝するとともに、新たな協会会長の成功を祈った。