JP

検索

ゴルゴンゾーラDop ニューヨークへ

ニュース

30 6月 2023

1일본어

115 見解

ゴルゴンゾーラDop ニューヨークへ

6月25日から27日、ゴルゴンゾーラDopチーズ保護協会は、ニューヨークにおいて アメリカの食の特産物イベントSummer Fancy Foodに参加しました。このイベントには、昨年世界30ヶ国に渡る出展者1800人のほか、バイヤー6000人が参加しました。

Summer Fancy Food は、アメリカ市場への参入や、同市場でのプレゼンス強化を望む製造会社にとって重要な機会です。また、ゴルゴンゾーラDopの品質とその独特の味を、アメリカ市場に横行する多くの模造品と比べ、再認識してもらう機会でもあります。 通常 イタリアの輸出農産物において対米輸出が7.5%(65億ユーロ相当)を占め、中でもゴルゴンゾーラDopは、2022年には32,234ホイールが国外に輸出され、今年最初の数ヶ月は約10%の成長が見られます。

アメリカでのゴルゴンゾーラ人気は、今やすっかり定着しています。米国、カナダ、メキシコのフード&ワイン インフルエンサー550人を対象に2019年に実施されたイタリア産農産物消費動向を分析したAssocamerestero の調査によると、ゴルゴンゾーラは最も人気がある3大イタリア食品の1つです(全回答者の39.3%が好む)。さらに、インフルエンサーの約70%が伝統的なイタリア料理のレシピを週に3回以上調理し、41%が少なくとも週に1回はイタリア料理をオンラインで注文しています。

では、アメリカではゴルゴンゾーラDopはどのように消費されているのでしょうか?まず最初にあげられるのは、サンドイッチやトースト、それからサツマイモと合わせて焼いたり、フランにしたりします。通常の作り方にプラスすることで風味が増し、オリジナリティを持たせるのです。