JP

検索

ゴルゴンゾーラ 食卓でできるおいしい予防

ニュース

03 2月 2023

1일본어

105 見解

ゴルゴンゾーラ 食卓でできるおいしい予防

24日は、世界保健機関 – WHOが支援するワールドキャンサーデー(世界対がんデー)です。例年同様 この日は、がん予防についての意識を高め、がん発症の予防・抑制のため、日常的に行うべき正しい習慣に関する情報を提供します。

どうすれば禁煙できるか、受動喫煙の防止、酒量コントロール、体を動かすこと、過度の日光浴を避ける、健康的な食事など、国際レベルで成分化された日常的なルールです。

雑誌 ”Cell Metabolism” に掲載され、AGI通信が伝えたイススラエルのワイツマン研究所の研究によると、ゴルゴンゾーラDopなどのブルーチーズ、グリーンピース、大豆、トウモロコシなど、スペルミジンを豊富に含む食品を継続して摂取していれば、がん、アルツハイマー、パーキンソンなど様々な病気の予防に効果が期待できるということです。

スペルミジンは、生体内に存在するポリアミンの一種で、細胞の成長や増殖などの基本的な細胞プロセスを制御する役割を担っている化合物です。この研究により、スペルミジンは体のサーカディアンリズムに働きかけ、加齢に伴う病気を発症しにくくすることが明らかになりました。実際研究所で行われた実験では、スペルミジンを摂取したマウスは摂取していないマウスに比べ、体内時計が約8分早く動いていることがわかりました。この研究論文の著者の一人であるGad Asher氏は、「この発見は、サーカディアンクロック(生物時計)と代謝の密接な関係を示し、体内時計の機能を調節する栄養学的介入の新しい可能性を開くものです」とコメントしています。

ゴルゴンゾーラDOPには、生体にとって非常に貴重な化合物 スペルミジンが自然に含まれています。そのため、変化に富んだバランスのいい食生活と健康な生活習慣を心掛けながら「ブルーチーズの王様」を食べることは、

https://www.agi.it/archivio/storico/nei_piselli_e_nei_formaggi_blu_l_elisir_di_lunga_vita-307967/news/2015-10-09/