2018年のゴルゴンゾーラD.O.P.付加価値向上計画

slidegulfood

ゴルゴンゾーラD.O.P.(保護指定原産地表示)は新しい年を始めるに当たり、最も重要な農産物フェアの一つであるガルフード(Gulfood)に参加することにいたしました。2月18日から22日までドバイ(UAE)にて開催されます。ガルフードには180以上の国々から平均97,000人の来場者が訪れます。

ゴルゴンゾーラD.O.P.(HALL2のスタンドC2-34にて展示)は、他の四つのイタリアチーズ協会と共に、幾つかのイベントや試食を行ないます。四つのチーズ協会とは、パルミジャーノ・レッジャーノD.O.P.、グラナ・パダーノD.O.P.、モッツァレラ・ディ・ブーファラ・カンパーナD.O.P.、ペコリーノ・ロマーノD.O.P.です。

2017年は最終的に3.31%増の生産を記録しましたが、輸出量で見ると*(2017年10月付データ)欧州連合が主要な輸出先(16,450トン)となっています。その中でも増加が際立っていたのはフランス(+4.08%)と英国(+5.71%)であり、最大増加率を記録したのはスウェーデン(+16%)などの北欧の国々と、リトアニア(+129%)やエストニア(+50%)などの東欧の国々でした。

 

  • 上の共有