abbinalo

合わせるなら…

ワイン、ビール、果物、野菜、ジャム、マスタード

国際的に著名なシェフの多くもゴルゴンゾーラからインスピレーションを受け、独創的なレシピを作る際に他とは違った一味を得るためにゴルゴンゾーラを用いています。私たちがお勧めするのは以下のレシピです。

どのワインと合わせる?

このチーズの特徴的な味は、当然それと合わせるワイン選びにも影響を与えます。ドルチェ、またピカンテに合うのは?あなたはどちらが好みですか?

それぞれのタイプは違った味の種類を提供してくれるので、それに合わせるワインも、ドルチェかピカンテかによって違ってくることになるのです。

ゴルゴンゾーラピカンテと会うのは赤ワイン、それもしっかりとした、なめらかな口当たりの古いものが合うでしょう。例えばバローロ、バルバレスコ、カレーマ、ガッティナーラ、ジェンメ、キアンティ・クラシコ・リゼルバ、レチョート、アマローネ、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、カベルネなどが挙げられるでしょう。

提供時の適温:18~20℃

パッシートと呼ばれる甘口ワインを合わせることも出来ます。モスカート・パッシート、マルサーラ・ベルジネ(これはドルチェとも合わせられる)、ガンベッラーラ・レチョート、またはラマンドーロなどと合わせられるでしょう。

一方のドルチェは赤ワインとも白ワインとも合わせることができ、主に柔らかく風味のあるものが好まれます。

白ワインならば、リースリング、ピノ・ビアンコ、オルビエート・クラシコ、フラスカーティ・スペリオーレ、マルヴァジア・セッカ、ガヴィ。ロゼならばキアレット・デル・ガルダ、ラグレイン・クレッツァーが挙げられます。

赤ワインならば、ヴァルテッリーナ・スペリオーレ、サッセッラ、ドルチェット各種、微炭酸のバルベラ、キアンティ・クラシコ、テロルデゴ、メルロー・デル・トリヴェネト、サンジョベーゼ・ディ・ロマーニャなど。

提供時の適温:16℃

ビールとの相性は?

ビールとチーズの組み合わせとしてお勧めなのは、古くからベルギーの修道院で作られていたベルギービールとゴルゴンゾーラでしょう。特にピカンテとの相性が良いのはトラピストビール(トラップ、シメイブルー、レッフェ)、一方のドルチェと合うのはダブルモルトビールでしょう。

食べ物と合わせるなら?

典型的な合わせ方は、マスカルポーネと少しのナッツとの組み合わせでしょう。

果物、野菜、ジャム、はちみつ、マスタード、チョコレートなど、その組み合わせは数えきれないほどです。

季節によっても合わせ方は異なってきます:生野菜(セロリ、トマト、ピーマン、大根)、または繊細な味のドレッシングをかけたサラダとの組み合わせ。

温野菜(ポテト、かぼちゃ、ブロッコリー、ズッキーニ)との組み合わせ。

季節の果物(イチジク、梨、リンゴ、キウイ、いちご)や乾燥フルーツ、また様々なジャム(柑橘系)との組み合わせ。果物、栗、イチジクなどを混ぜたマスタードや野菜のソース(赤タマネギのソース)は特にピカンテと合わせることが出来るでしょう。

はちみつと合わせるなら、アカシアはちみつか百花蜜が良いでしょう。

  • 上の共有